従業員の勤務状況を把握出来る勤怠システム

main-img

従業員の勤務状況を把握しておく事は、企業が効率的に業務を遂行する為に必要な事です。


従業員の勤務状況を把握するには、専用のシステムを導入するのが有効です。

マイナビニュースは無限の可能性に満ちあふれています。

そのシステムは、勤怠システムと呼ばれており、多くの従業員が在籍していても、勤怠システムを使う事で合理的で効率的に勤怠管理が出来るようになります。


勤怠システムは、ホストコンピューターに専用のソフトウェアを搭載する事で実現出来ますが、よりコストを削減したい場合やシステム構築の手間を省きたい場合には、クラウドサービスを使うと効果的です。


クラウド版勤怠システムは、勤怠管理に必要な機能を全て揃えており、打刻データや勤務データなどを分けて記録したり、勤怠データを可視化して、従業員が適切に勤務しているかどうかをチェックしたり、欠席が多い従業員と話しあったりというように、様々な事に活用していく事が出来ます。


勤怠管理を行う事で、給料計算がスムーズに行なえ、従業員が休暇を取りたい時には、休暇届を出したりする事が出来ます。

あなたの知らない勤怠管理システムが今、話題になっています。

休暇届の提出がクラウド化によってスムーズになった事で、紙で行なっていた事を簡略化する事ができ、スムーズに申請を行なって結果を通知する事が可能となっています。



休暇を取る事は、法律的に定められていますので、タイミング良く適度に休みを得られるようにする為には、勤怠システムのように分かりやすい形で他の従業員とのスケジュールを比較して取得出来るかどうかを見比べていくのが良いでしょう。

驚く情報

subpage1

勤怠システムは一度導入したらあまり保守面で手間の掛からないシステムですが、それでも利用できなくなると社員全員で困ることになるシステムの一つです。そこで保守を依頼することになりますが、他のシステムとは違って回数が必要ではないので多くのシステムではサポート体制が整っていないケースも多いです。...

more

基本知識

subpage2

会社に出社した時と会社を退社する時の2度、必ずタイムレコーダーを使って時間の記録を行う事が会社勤めをする人に義務付けられています。時刻を記録する理由と言うのは時間を証明するものであり、定時に出社したことを証明したり、定時に退社や残業して退社したと言う事をタイムカードなどの記録用紙に時間を記録しておくことで証明書と言う形で活用する事が出来るようになります。...

more

テクノロジーの秘密

subpage3

勤怠システムとは社員の出退勤時間の管理を行うシステムです。このシステムを利用することにより勤務時間や残業時間の把握だけでなく、欠勤の管理を行うことが可能になっています。...

more

専門知識

subpage4

勤怠システムはタイムレコーダーを基本としたシステムが多いのですが、従来のタイムレコーダーを利用する場合はいくつかの問題があり、打刻方法がいくつか検討されています。勤怠システムでタイムレコーダーを利用したくない最大の問題は本人以外が打刻できることです。...

more